2009年05月17日

CASA BRUTAS 特別編集「丹下健三」

CASA BRUTAS特別編集「丹下健三」

CasaBRUTUS特別編集 丹下健三 DNA (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)
CasaBRUTUS特別編集 丹下健三 DNA (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)
クチコミを見る



空から見れば十字架の形になっている、「東京カテドラル聖マリア大聖堂」。
って、
ふつうの人は空からなんて見ることはない。
こうして雑誌に取り上げられたりしなければ。
もしくは航空写真とか。
なんのための巨大オブジェ……。

しかしその独特の形が魅力的に見えるのは、
空からではなく、地面に立って見たときの形ではないでしょうか。
突き刺すような細い形は、
四角い箱にはできない威圧感で迫ってくることでしょう。
実物を見たことないしなんとも言えないけど。

角があればあるほど空間は広がって見えそうですね。
ふつうの住宅が「お行儀よく大人しい、慎ましい」イメージで、
蜘蛛みたいな形の建物が「社交的で暴れん坊」なイメージ。
ああ、なんて雑な例え方。

こういったでかいものを観に行くのもおもしろそう。
小さいものばかり見たり作ったりしているわたしにはよい刺激になりそうだ。
posted by アンゴ at 11:03| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

吉岡徳仁/Pen 5/15

「吉岡徳仁とは、誰だ?」






今回の記事の中でいちばんおもしろかったのは
インスタレーションと動くディスプレイ
風とかセンサーを使って動きを取り入れた展示方法


グラフィックだけで涼しさとか熱さとか人の感覚に近いところまで表現するのはすごく難しいし
それができたらなんだかすごいことをやったみたいに思えるかもしれない。
でもそれがなんだっていうんだろう。

吉岡氏の表現方法を見ていると、見る人に涼しさを感じてもらいたければ、
単純に涼しい風を吹かせればいいんだ、と思う。
人の興味を惹き付けたいのなら、動くディスプレイに挑戦すればいいんだ、と思う。
こうして言葉にしてみると当たり前のことのようだけどさ。



あー
吉岡氏ディレクションの「セカンドネイチャー展」
観に行きたかったなー…。
posted by アンゴ at 14:28| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

COOSHA(くーしゃ)

coosha02

なまけもの

ペーパークラフト。

なんとただの正方形から、
こんなに立体的な動物ができてしまう。

coosha01


鹿も凛々しく↓

coosha06

リアルを追求しようとしてムキムキ筋肉質な鹿が出来上がったりします。鹿ってどんな体つきだったかなあと記憶を辿ってみると意外に知らない。くーしゃを体験した後で動物園に行くと、いろいろな動物をよくよく観察したくなります。

coosha03

折り紙と同じサイズ、素材、パッケージでありながら、くしゃくしゃして表情を出すので作る人によって完成するものが違う。そして2度と同じものが出来ないのが、今までの折り紙になかったところ。
新しいモノに最初はとまどうけど、
ハマるとどんどん作りたくなる!

開発・発売元↓
テクノサイト
posted by アンゴ at 19:43| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

ヘルベチカ展/ggg(ギンザグラフィックギャラリー)

Helvetica forever: Story of a Typeface ヘルベチカ展

2009.2.28まで
ggg(ギンザグラフィックギャラリー)にて

「Helvetica」という一つの欧文書体が使われているグラフィックデザインを集めた企画展です。

かの有名な東京オリンピックのポスター(亀倉雄策)、ハウス食品のポスター(田中一光)、トヨタのロゴマーク。等々。

このフォントを使用したロゴやグラフィックのデザインの多さ。そのことから、この書体が広い汎用性を持っているということがわかります。

デザイン雑誌なんかを見ていると、今はやりのフォントはこういうものなのかな、と感じることがあります。しかし、多くの広告に使われながらも一定の期間を過ぎるといつの間にかあまり目にしなくなっていたりする。Helveticaがはやり廃りに関係なく使われているということは、優れた書体であると言えるのかもしれません。

年月を経て、多くのデザインに使われることで、フォントも一つの作品と言えるようになるんですね。
posted by アンゴ at 18:26| 静岡 ☔| Comment(12) | TrackBack(2) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ニューヨークADC展/クリエイションギャラリーG8

「ニューヨークADC展」

銀座のクリエイションギャラリーG8(リクルート)
2009.2.27まで

お国柄が色濃く出ているものもあり、ふだん日本の広告やCMを見ているからかピンとこないものもあった。
それでもふだんあまり見る機会のない海外の広告をダイジェスト的に見れるのは、なんだかお得感がありました。

…やはり、親しみやすいのか、目に留まるのは日本の作品だった。

焼酎・八起(やおき)のパッケージ。
パッケージ上で「八起」の文字は、まるで文様のようなグラフィックに変換されています。雑誌でポスター見たけど、元の字の原型がぎりぎりまで崩されている。「八起」という名を知っていれば解明できるかなというくらい。
それで、焼酎の瓶、これって起き上がりこぼしみたいな形だと思うんですけど、「七転び八起き」にかけてあるということですよね。


絶滅危惧種の保護を求めるポスター。
現存する個体数と同じ数のビットで、その種の画像を映し出しているグラフィック。つまり、個体数が少ないほどビット数は少なくなり、画像が荒くなるということ。パンダはまだ判別できたけど、オランウータン(ゴリラだったかも)なんかはほとんどボケていて、「なんだろう?」とまじまじ見てしまう感じだった。コピーは
「これ以上減ったら見えなくなります」
みたいな感じ。


海外の広告で単純におもしろかったのはアメリカの洗剤(TIDE)の広告。
「ケチャップに勝ち目はない」
というコピーと共に、グラフィックはウォーリーを探せ並(いやそれ以上)の甲冑を身につけた軍隊。30人くらいの赤い鎧の固まりを数百人の白色の軍団が取り囲んでいる。
「ケチャップ」を「しょうゆ」に変えた、別パターンもありました。
これ以上ないド直球な表現ではないでしょうか。


あとは動物愛護団体の、わたしが勝手に名付けて「ぶりっ子猫広告」
素朴な猫の顔のグラフィックと、母性本能(?)をくすぐるかわいいキャッチコピーの合わせ技で、飼い主希望者の増加に成功したらしいです。
「あなたのお膝はわたしを抱っこするためにあるのよ」
計算高い子猫たちがグラフィックとなり並んでいました。


個人的にふだん見ていて好きなCMはソフトバンクの白戸家シリーズとBOSSの宇宙人ジョーンズシリーズです…。笑えるのが好き。でも上記2つは明らかに日本人にしかウケないよな。特に宇宙人ジョーンズは、「地球人」じゃなくて「日本人」を研究しているようだし。
世界共通の広告を作るのってかなり難しいのかも。
と、帰りの新幹線で思いました。
posted by アンゴ at 00:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピカソとクレーの生きた時代/Bunkamuraザ・ミュージアム

「20世紀のはじまり
ピカソとクレーの生きた時代」

渋谷の「Bunkamura ザ・ミュージアム」にて
2009.3.22まで

ピカソとクレーの作品を中心に、表現主義、キュビズム、シュルレアリスムなどなど彼らの時代に生み出された抽象絵画が幅広く見られました。異世界。

ピカソの「二人の座る裸婦像」の迫力がとにかくすごかった。決して写実的ではないはずなのに、妙に本物っぽく見えるのはなぜなのでしょう。身体の大きさに対して足も手も大きすぎるのにまったくバランスが悪くならないのが不思議でした。彼の天性のデッサン力の成せるわざなのでしょうか。

なにはともあれクレーが好きなので、後半はほとんど彼の作品で埋まっており、満足です。
解説パネルでも触れられていたけど題名がいい。作品を見て、題名を読んで、なんとなく納得できる。音楽的、あるいは物語的、題名で作品の全てを語っているのではないけれどポイントをおさえつつ、見る人にまかせる隙間が残されている。
さりげなくハートマークが出てくるような作品があるところを見ていると、記号的でわかりやすいのかもしれないとも思う。クレーの描いた絵が、時代背景にあまり左右されていないところも重くなくてよいのかも。裏を読まなくて済むから。

ノーマークだったのはミロでした。「リズミカルな人々」という、棒人間が踊っている楽しげな絵が、妙に気に入ってしまった。
あと、カンディンスキーもすごく楽しみだったんですけど、残念ながら3点きり(感動したけど)。全体的にも点数は少なくて、割高な感じがしました。有名な作品ばかりだから仕方ないんですかねえ。



Bunkamura初めて行きました。109の向こう側に(JR渋谷駅から見たかんじ)こういうアートな場所があるとは。ホールもあるんだなー。最近バレエとかコンテンポラリーダンスに興味があるからちょっと行ってみたい。
posted by アンゴ at 00:08| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

D-BROS


D-BROS

広告制作会社ドラフトから生まれたプロダクトデザイン・プロジェクト。

デザインは時代を変える。
デザインは人を幸せにする。
デザインは楽しい。
デザインは限りない能力に満ちている。

というコンセプトのもと、実用と装飾が一線を超えて混ざり合ったプロダクトを次々と生み出している。
いちばん有名なのはflower vaseでしょうか? vaseといってもふつうの花瓶ではなく、素材はシャンプーの詰め替え用パッケージのようなビニル素材。しかしただのビニルだからこそできる「印刷」という手段がある。安物素材がカラフルで美しい花瓶に大変身…!!
初めてその存在を知ったときは、素材と見た目のよさのギャップによだれが出たもんだ。

身近な素材だからこそ、花を挿すという行為の敷居が低くなっているように思います。



最近のものでは、キッチン・インテリアでグラスの収納に着目した絵付けとか。

アイデア自体は「もうひとこえ!」と思うときがあるけれど、独特のセンスでしかもきれいな商品に仕上がっている。いくらいいアイデアでも、うまく表現できなければその価値も0に等しくなってしまうんだなーと、考えさせられてしまう。

HPのデザインもまたいいんだよねえ。↓
D-BROS

posted by アンゴ at 21:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

ルーブル展とドレスデン展を見に行ったよ

ルーブル展先日、横浜美術館の「ルーブル美術館展 19世紀フランス絵画 新古典主義からロマン主義へ」と、国立西洋美術館の「ドレスデン国立美術館展 世界の鏡」を見てきました。前の日記(殺人的)でも書いたけど、朝は早いしバスに乗る時間が長いわでとてもとても疲れたんですが、やはり大きな企画というだけあって疲れを忘れて作品に見入ってしまいました。どちらの展示も、19世紀、新古典主義とロマン主義のコレクション。
正直あたしは印象派以降の抽象表現のほうが好きだったんで、下調べもなにもなくぶっつけで見に行ってきました〜(ノ∀`)この展示を見た後、課題の関係でその辺の派閥をちょこっと調べたけど、これは全体の流れを掴まないと解らんと感じました。。。ちょこっと調べただけでは分からない。美術史って深いね。

長蛇の列最初はルーブル。行ってまずびっくりしたのは、美術館へと続く長蛇の列!美術館にこれほどの人が集まるものだとは知りませんでした。ゴッホ展に比べればまだましな方だというから、ゴッホなんか見に行ったら、私は怒り狂ったことでしょう。ドレスデンも似たような感じで人混みの中、背伸びしながら、ジャンプしながら、行ったり来たり、見て回りました。





ジェリコー 白馬の頭部テオドール・ジェリコー、「白馬の頭部」(ルーブル)。
ロマン主義を代表する数々の歴史画のほかに、馬をたくさん描いた画家さん。精神病患者の肖像を描いた作品もありましたが、共通して言えるのは、被写体の目ヂカラがすごいということ。馬の表情は優しく無邪気で、その馬がこちらに好奇心を持って見つめていることすら感じました。






ジェリコー 賭博癖の女精神病患者の場合は、おびえたような目できらきらと見つめ返してきます。それはもう不気味なくらいに。
(この写真じゃわからないが。。。)
ジェリコーは、ものすごい観察力の持ち主。








コロー 泉水のわきにたたずむギリシア娘ジャン・カミーユ・コロー、「泉水のわきにたたずむギリシア娘」(ルーブル)。
一見したときは、ざらざらとした殺伐なタッチに寒々しい印象を受けましたが、全体に靄がかかったようなやさしい雰囲気が( ´,_ゝ`)d グッ
この手のもやっとした風景画はけっこう好きです。コローは見たままを描く風景画家。そのバカ正直さから、なかなか認められなかったとも言われます。
この作品を見て思うのは、人物と風景、どっちが主役なんだかわからないこと。人物と植物がお互いを引き立てあっていると思います。





フリードリヒ 月を眺める二人の男カスパー・ダヴィット・フリードリッヒ、「月を眺める2人の男」。(ドレスデン)
赤い空に惹かれる人って多いんじゃないかと思います。私のようなファンタジー好きにはたまりませんな。
この展示の後で画集を見たら、フリードリッヒの作品はどれも幻想的な風景画でした。そしてこの作品のように、背を向けた人物が描かれていることが多いのです。彼はそのことについて「(背中を向けた彼らは)煽動活動を目論んでいるんですよ」と語った。風景画に力を注ぎつつ、政治的な問題にも関心を向けていた、らしい。






フェルメール 窓辺で手紙を読む若い女ヨハネス・フェルメール、「窓辺で手紙を読む若い女」。(ドレスデン)
…この絵を見るために私は早起きしたんです。実際に見るまではそんなことは少しも考えなかったけど…。朝のバスの中では「なーにがフェルメールだー。興味ねーよ!」と思ってました。
タッチに無駄がなく、構図もパーフェクト(定規で測ったとかではなく、色といい、形といい、見ていて本当に気持ちのいいバランスだった)。実際、私のように、この作品の前で足を止めてしまう人が大勢いたのです(そのおかげであまり立ち止まって見ていられなかった)。
帰りにこの絵のポストカードを買ったけど、友人と「やっぱり本物みたいにはいかないね」と肩を落として語り合いました。本物と写真では月とスッポンくらいの違いがあります。家の近くにフェルメール作品が来たら、必ず見に行くべし。

フェルメールは、生前全く売れなかったために記録も作品もあまり残っていないという、謎の多い画家。そのため、今日でも盛んな研究が行われています。作品もその価値を認められるまではずいぶんひどい扱いを受け、作品を買い取った持ち主の好みによって、背景や人物の表情などを変えられるというようなことも起きたという…。
だから、ひとたび「フェルメールの本物が出た!ヽ( ´ー`)ノヽ(´▽`)/」となると、かなりの騒ぎになる。そのためか、ハン・ファン・メーヘレンという美術史上最大の贋作作家を生み出すことになった。メーヘレンは絵画の才能を認められない腹いせに、フェルメールの贋作を作って復讐したという。
彼の策略に見事にひっかかってしまった研究家たちは、その後はフェルメール作品断定にかなり慎重になっているんだとか…。なかなかおもしろいエピソードです。




新古典主義、ロマン主義ってなんだろーって感じで見に行ったわけだけど、そんなん知らなくても有名な作品がけっこうあって楽しめました。で、レポート課題で強制的に作家が生きた時代背景や美術史を調べると、けっこうおもしろいのだ。

あ、でも、しばらく行かなくてもいいや…。


「ルーブル美術館展」は7/30から京都市美術館に場所を移しています。
よみうりテレビ イベントガイド
京都市美術館

「ドレスデン国立美術館展〜世界の鏡〜」は9/19まで、上野の国立西洋美術館にて開催中です。
NIKKEI NET イベントガイド
国立西洋美術館

posted by アンゴ at 17:14| 静岡 ☔| Comment(5) | TrackBack(4) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

ペイントソフト Art Rage

フリーのペイントソフト「Art Rage」(Win/Mac対応)
ダウンロードはこちらから(英語)

「Art Rage」の特徴
  • ブラシが実物並みにリアルなので、凝った絵を描きたい人にはけっこう楽しめるかも。
  • レイヤー機能はないが、写真などをトレーシングペーパーとして取り込み、その上をなぞることができる。
  • 写真を読み込んで、その上に落書きる。
  • キャンバスは4種類の質感の用紙が用意されていて、さらに色を変えることができる。もちろんサイズ変更もピクセル値で指定可能。
  • (筆圧設定ができることからたぶん)ペンタブレットに対応。
  • スキンがおしゃれ。


ひまわり

さっそく描いてみたのが上のイラストです。
油絵みたいに見えますか?

続きを読む
posted by アンゴ at 12:59| 静岡 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

アルフォンソ・ミュシャ展@浜松市

アイリス
ミュシャ展に行ってきた。
劇場のポスターや製品パッケージのデザインを中心に活躍した人。
少女マンガっぽいところに、現代っ子は親しみを感じるはず。池田理代子の豪華なイラストを連想した。
この柔らかさはデッサン力がなければ決して出せない味でしょう。実際彼はデザイナーとして成功する前は画家になるつもりでみっちり学んでいたらしい。
上は4枚の花シリーズの一枚、「アイリス」。一目惚れしてポスター見つけて買った(A4サイズで¥400)。あとポストカード2枚もお買い上げ〜♪

アイリスっていう言葉自体の響きも好きなんだよね。
goo goo dollsのヒット曲にも「iris」というのがあることですし(笑)
絵を見るときも、雑念で頭がいっぱいです。

ミュシャの500コルナ紙幣
ミュシャが描いた500コルナ紙幣のイラスト。
ポール?
拡大。。。
ポール・ドーセット
この人に似てる!
無意識の内に、連想ゲームをしていた。。
posted by アンゴ at 18:13| 静岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。