2004年10月31日

洋書さま、デップさま、うんヌ。

シークレットウィンドウの原作買ってきてしまった。英語の゜・゜
買ってから気付いたけど、シークレット〜の他にも「ランゴリアーズ」や「図書館警察」なども収録されていたり。分厚いわけだ(-.-)ハリポタより紙薄い。表紙は〜ウィンドウ主演のデップさま。電子辞書買ったことだし、読むぞー。
posted by アンゴ at 18:10| 静岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | スティーヴン・キング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

王の巣。いや、そうでもない。

ふと部屋を見まわしてみると、
「タリスマン」「ブラックハウス」「ゴールデンボーイ」「トミー・ノッカーズ」
う、うわあ、キングだらけ。。。
先日のS.キング特集の名残で部屋がキングの巣状態。
そういえば最近部屋の電気は点けず、机のスタンドの明かりだけで用事を済ますことが多い。心なしか空気までもがホラーに浸っている?
んーーー、でもさ、そんな本に囲まれて『ピューと吹くジャガ〜』の五巻がポンッと置いてあるんだよな。
なんともミスマッチ。
ほんと、ジャガーさんはおもしろいよ。

バスの待ち時間に買って読んだら、おかしくておかしくて、
人目も気にせずウフウフ笑ったよ。

posted by アンゴ at 21:32| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スティーヴン・キング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

ブラック・ハウス 暗黒の塔 今日も長い

結局昨夜読み終えました。

私の熱狂ぶりは異常ですが、恐らく何も知らない読者なら「ブラック・ハウス」を読んだ後は「なんだこの終わり方は!!!」とご立腹になるだろう。

「ブラック・ハウス」に限らずキングの著作には「塔」シリーズを意識したものがときどきある。そこいら辺は何も知らない読者への配慮は全くないから、それでいいんかな、とは思う。だっていきなり<塔>とか<カ>とか<ローランド>とか出てきても分からんだろ。

しかしまあそこはうっちゃって、「暗黒の塔」シリーズを読んだことがある人がどれくらいいるのかはさっぱり分からんのだが、これを読んでハマってしまった人なら、「ブラック・ハウス」の結末には主人公ジャック・ソーヤーの今後の活躍を期待させられるんじゃないかと思う。私も例外なく。これでジャックが「塔」シリーズに登場しなかったら「この世はどうかしている」と言うしかない。

それに、巻末の風間賢二による解説は垂涎モノ…。親切にも「塔」とタリスマンの関係の推測まで明かしてある。彼の説には納得がいく。辻褄が合う。彼にこれほど感謝したのは初めてであった(勝手ながら)。「塔」シリーズの翻訳の方も、巻を重ねる毎に違和感が無くなっていると感じるので、次巻も担当するのなら頑張って戴きたいものだ(そもそもその違和感は、1・2巻の訳をした池央耿の文体が独特であったからだろう)。
じゃあ、次巻への期待を込めて、1巻の「ガンスリンガー」から読み直そうと思う。
さて、「塔」以外では、次は何を読もうか?どうやら映画日記でのキング企画を思い立ったことがきっかけで、今までになくキング著作に傾倒しているみたい。いや、ほんと、読むと止まらないんだから。
次は「IT」かな。また分厚いやつか。

昨日の日記よりはいくらか落ち着きを取り戻しているのは、WEB上じゃない普通の日記とノートに付けてるエンタメ(映画、本、音楽等)日記に思ったことを素直に書いたから?
私は絵を描くことが多分一番の特技ですが、おかしなことにいつも激しい感情や感動を表すのには文字を媒体にするんですね。作文なんか誉められたこともなく好きでもないはずなのに、不思議なもんだ。たぶん自分で思っているのとは反対に、文が好きなんだと思う。ま、そうなる前にいろいろな本を読み出したことがきっかけだとは分かっているけど。
そろそろ読書の秋じゃん。夏目漱石に挑戦するか?

今日も長文になりました。おやすみなさい。
キング特集、更新したから見てね!!



posted by アンゴ at 23:22| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スティーヴン・キング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

続・ブラック・ハウス日和

あああああ
うれしいやら悲しいやら羨ましいやら勇ましいやらかっこいいやら楽しいやら悲しいやら、
胸がうずくやらむなしいやらあと3冊くらい続いてほしいやらやるせないやら…。
こんにゃろー、ばっきゃろーーー!!!

あと一章残っているのですみません。言葉になりません。結末がどうなるのか分かりません。すみません。

とりあえず明日・あさってとおバイトのばっきゃろーだから、月曜日まで最終章は取っておこうと思う。
あ、「タリスマン」もおすすめですよ。

UTADAは「りぼん」に投稿したことがあるそうです…。
もはやそんなことどうでもいいくらい狼狽中。
posted by アンゴ at 20:16| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スティーヴン・キング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

ブラック・ハウス日和

なんかWin95のブラウザってこのブログが正常に表示出来ない。
正常であるわけがない…。

ひょっとしたらもっと新しいブラウザなら普通に表示できるのかもね。

今日は一日中キングの「ブラック・ハウス」読んでた。ジャック・ソーヤーかっこいいよう。彼氏にしたい(30代だけどね)。今日中に上巻終わりそうだ。

それよりイラストを描かなければいけない。今朝は4時近くまでがんばった。
我ながら良くやった。でも終わらない。
posted by アンゴ at 20:13| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スティーヴン・キング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。