2009年05月10日

吉岡徳仁/Pen 5/15

「吉岡徳仁とは、誰だ?」






今回の記事の中でいちばんおもしろかったのは
インスタレーションと動くディスプレイ
風とかセンサーを使って動きを取り入れた展示方法


グラフィックだけで涼しさとか熱さとか人の感覚に近いところまで表現するのはすごく難しいし
それができたらなんだかすごいことをやったみたいに思えるかもしれない。
でもそれがなんだっていうんだろう。

吉岡氏の表現方法を見ていると、見る人に涼しさを感じてもらいたければ、
単純に涼しい風を吹かせればいいんだ、と思う。
人の興味を惹き付けたいのなら、動くディスプレイに挑戦すればいいんだ、と思う。
こうして言葉にしてみると当たり前のことのようだけどさ。



あー
吉岡氏ディレクションの「セカンドネイチャー展」
観に行きたかったなー…。
posted by アンゴ at 14:28| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160375657

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。