2008年12月30日

まとめてlifehouseとCounting Crows

「Saturday Nights and Sunday Morning」/Counting Crows

オープニングがよすぎ。中身ももちろん。
「Hard Candy」より格段にかっこいい気がする。「This Desert Life」のようなメロディ抑えめの地味に良い系が好きなので、この流れはたまりませんでした。
荒っぽさを残しながら上手いというこのまとまりのよさ。そんなバンドはなかなか見つからない。



「Who We Are」/Lifehouse

おおー。久々のアルバムは進化している。「first time」は、デビューアルバムで大ヒットした「hanging by a moment」が成長した感じ。いつまでも心に残りそうな名曲だ。「joke」の少しひねった雰囲気も嫌いじゃない。ボーカルに合ってる。
しかしメロディアスな曲を作ってはいるけど、けっこう陰鬱なところがクセになるんだよなー。暗いと思わせて明るい調子に切り替わったり。簡単そうでいて意外に聴きこめる。



上記二枚はどちらも久々に聴いたアーティストながら、着実な進化を感じたのでした。じわじわ響く。たまらんかった。
posted by アンゴ at 20:50| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。