2008年04月24日

D-BROS


D-BROS

広告制作会社ドラフトから生まれたプロダクトデザイン・プロジェクト。

デザインは時代を変える。
デザインは人を幸せにする。
デザインは楽しい。
デザインは限りない能力に満ちている。

というコンセプトのもと、実用と装飾が一線を超えて混ざり合ったプロダクトを次々と生み出している。
いちばん有名なのはflower vaseでしょうか? vaseといってもふつうの花瓶ではなく、素材はシャンプーの詰め替え用パッケージのようなビニル素材。しかしただのビニルだからこそできる「印刷」という手段がある。安物素材がカラフルで美しい花瓶に大変身…!!
初めてその存在を知ったときは、素材と見た目のよさのギャップによだれが出たもんだ。

身近な素材だからこそ、花を挿すという行為の敷居が低くなっているように思います。



最近のものでは、キッチン・インテリアでグラスの収納に着目した絵付けとか。

アイデア自体は「もうひとこえ!」と思うときがあるけれど、独特のセンスでしかもきれいな商品に仕上がっている。いくらいいアイデアでも、うまく表現できなければその価値も0に等しくなってしまうんだなーと、考えさせられてしまう。

HPのデザインもまたいいんだよねえ。↓
D-BROS

posted by アンゴ at 21:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術とデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。