2007年08月27日

「トランスフォーマー」

「トランスフォーマー」を見てきました。
見る気満々の両親の後ろにくっついて便乗。そうすればお金だしてもらえるし。ストーリーはあまり期待しないで、映像を楽しむぞーという意気込みで。

すごい!映像!これは今まででいちばん「映画館で見るべし」と思える映画でした。出来る限りCGに頼らないというマイケル・ベイ監督のポリシーが、迫力のある映像に現れていると思います。

そして、意外に笑った。…あ、そういえば、改めて、監督はマイケル・ベイ。「バッドボーイズ」とか「ザ・ロック」、彼が過去に監督した映画を見たことがあればなるほどねーと納得。
映画は主人公が16歳。未知の敵に遭遇して混乱する大人たちと、同じくロボットと出会い交流する少年たちという二つのストーリーが平行して進み、やがて一つの場所に集まるという感じです。
内容はゼロに等しいですが、娯楽作としてはよく出来ている方ではないかと思います。最近のスピルバーグ系の映画の中では5つ星あげていいよ(上から目線)。

それから、道路を走る車がそのままギッチョン・ガッシャンとロボットに変身するシーンはロボット戦隊もののアニメそのもの。ロボットといえば全部ガンダムと思っているわいにとっては、「実写板ガンダム!?」という感想でした。
ところが、なんと原作らしきものが存在するらしい。どうやらストーリーの元の元にあるのはアメリカで作られ日米で根強い人気のあるアニメのようです。「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」ってタイトルにはなんとなく見覚えがある。
wikiで「トランスフォーマー(実写映画)」や日本でも放映されたアニメ「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」の項目と併せて見ると楽しいです。


映画の続編は2009年夏に公開だそうな。楽しみ!
映画本編ではオプティマス・プライムたちが人間のために戦うようになった経緯などだいぶ割愛されているように感じますが、本編の前のストーリーを読んで背景を知っておくのもいいかもしれない。

トランスフォーマーゴースト・オブ・イエスタデイ (ハヤカワ文庫 SF)


posted by アンゴ at 11:44| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメありがとうございました( ̄▽ ̄)
この映画、話題になってますね。
ザ・ロックは映画館で観て結構楽しめた方なので
今度観に行ってみようかな・・・
(バッドボーイズはノリが空回りぎみで<emoji:bad>でした)
Posted by POLARIS at 2007年09月12日 22:50
どもども。
バッドボーイズはかなりおふざけですよね!いっしょに見てた父につられた感じでそこそこ楽しめたけど<emoji:pikapika>
トランス〜は、ザ・ロックよりバッドボーイズ寄りで、プラス子供向けって感じです……。
Posted by アンゴ at 2007年09月13日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。