2005年08月16日

ハリポタ6巻でショックを受けた子供の心のケア

洋販ニュース

ハリーポッターシリーズ最新刊、Harry Potter and the Half-Blood Princeについて
アメリカ国内では、衝撃的な本書のエンディングに対して賛否両論が噴出、ショックを受けた子どもたちをいかにケアするか、という保護者のための情報交換サイトが登場している。

あの結末では、こういうことが起こり得るかもしれません…。賛否両論もなにも、大人が読んでも相当ショックな内容です。

昨日は「炎のゴブレット」の映画がPG-13指定になることにびっくりしたけど、この調子だと、6作目はR-15か?

そんな親たちの心配をよそに、このハリポタ新作のおかげでアメリカの出版業界は業績上昇の見通し。原作のハリポタブームは冷める気配がありません。
posted by アンゴ at 09:55| 静岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まじっすか?
そんなショックな内容なんすか?
あんま見たくないな・・・。
Posted by スマート at 2005年08月16日 15:47
そう言わずに見ましょうよ〜
話はどんどんおもしろくなりますから!
Posted by アンゴ at 2005年08月16日 23:30
一体どんな内容なんだ<emoji:question>
気になる・・・。
今度会った時教えてよ<emoji:ear>
Posted by ツナコ at 2005年08月17日 00:36
ツナコに会ったときに教えることがどんどん溜まってきている。
本読みなさ〜い!
Posted by アンゴ at 2005年08月17日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。